So-net無料ブログ作成

普天間問題未解決なら首相の辞任は当然 国民新・下地氏(産経新聞)

 国民新党の下地幹郎国会対策委員長は5日夜、BS討論番組に出演し、鳩山由紀夫首相が5月末までの決着を表明している米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題について、「世論調査にあるように、この問題が解決できなければ首相が辞めるべきだというのは当たり前のことだ」と述べ、5月末までに解決しなければ首相辞任もあり得るとの認識を示した。

 下地氏はさらに「首相もこの問題を解決しないで政権を担えないと自ら思っているだろう。信頼感のわかない中で役割を担おうと言っても、成果を出せないと思う」と述べた。

【関連記事】
下地氏から首相に琉球の書 普天間決断促す
社民、国民新両党がホワイトビーチ沖案に反対 普天間移設問題
“票田”要望丸のみ 国民新が郵便局長会へ文書 定年延長など成果報告
「県外移設」固執の甘さ 期限目前に“閣”分裂
普天間移設はシュワブ陸上−ホワイトビーチの2段階で
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

消防長が公務中、女性に私用メール…災害情報も(読売新聞)
散弾銃を不法所持、店内に飾っていた喫茶店マスターを逮捕 大阪府警(産経新聞)
「玻」は名前に使えず 両親の特別抗告を棄却 最高裁(産経新聞)
拉致担当相が黄氏と面会、北の情勢聞き取りか(読売新聞)
<訃報>上野保子さん79歳=上野・水泳連盟常務理事の母(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。